貧血について

知ってる?女性に貧血が多い理由

投稿日:

急にめまいがしたり立つとくらくらしたりといった貧血の症状。この貧血ですがなぜか女性に多いイメージがないでしょうか?

そのイメージはあながち間違いではなく、実際に女性に多い症状なのです。

ではなぜ女性に貧血が多いのか、その理由について考えていきたいと思います。

どうして貧血は女性に多いの?

そもそも貧血というのはどのようにして引き起こされるのかというと、簡単に言えば貧血の症状は身体に酸素が足りていない状態のことを言います。

人は身体中に酸素を巡らせて動いていますが、酸素を身体中に運ぶヘモグロビンが少なくなってしまうことで酸欠の状態になってしまうのです。

ヘモグロビンが減ってしまうおもな原因は出血です。血は赤血球によって形成されていますが、その中にヘモグロビンも含まれているため出血などで一緒に体外に出てしまうことで身体のヘモグロビンが減ってしまうのです。

女性は生理で出血したりダイエットなどで食生活が乱れることも多いため、貧血になりやすくなってしまうのです。

生理の出血による貧血

女性にとって生理は切っても切り離せないもの。しかし、出血をするのことで体内のヘモグロビンは減ってしまいます。体内のヘモグロビンが減ってしまうと酸素の運搬量が減ってしまうので、結果的に貧血の症状を引き起こしてしまいます。

生理による出血を防ぐことは難しいので、ヘモグロビンを多く体内につくる方法を考えるのが先決です。

ヘモグロビンはたんぱく質と鉄分が主な成分で、この二つを摂ることで体内に生成することができます。鉄分は大きく分けてヘム鉄と非ヘム鉄の二種類がありますが、できるならヘム鉄を中心に摂ることをオススメします。

鉄分は一般的に身体への吸収率が低い成分なのですが、ヘム鉄と非ヘム鉄の間にも吸収率に差がありヘム鉄の方が数倍吸収率がいいのでこちらを中心に摂るのがいいでしょう。

ダイエットによる貧血

女性にありがちな貧血の中に、ダイエットによる貧血があります。
ダイエットは正しく行えば健康的に体重を落とすことができますが、一歩間違えると健康を害することがあるのです。

その一つの症状が貧血です。
ダイエットによって引き起こされる貧血は、体内のヘモグロビンが外に出てしまって起きるものでは無く体内でうまく作れないことによって引き起こされるものです。

体内でヘモグロビンをつくることができなければ身体にうまく酸素が巡らなくなってしまい、結果的に酸欠になってしまうのです。

ヘモグロビンはたんぱく質と鉄分を主な成分としていますが、これらの成分は食物から摂ることになります。
しかし、ダイエットをしていると食生活が偏ってしまったりして栄養が足りなくなってしまうのです。

女性にとってダイエット中に多く食べ物を摂ることお億劫なことだと思いますが、サプリメントなどで足りない栄養分をしっかる摂るように心がけましょう。

-貧血について

Copyright© 中身が決め手!貧血を鉄分サプリで治すという賢い選択! , 2017 AllRights Reserved.