貧血について

意外と知らない!?貧血と低血圧の違い!

投稿日:

「なんだか体がだるい・・・」
「いきなり立ちくらみがする!」

といった症状を経験したことはありませんか?

そんな時、あなたなら貧血と低血圧のどちらの症状を疑うでしょうか??

今回は、知っているようで意外と知らない貧血と低血圧の違いについてご紹介と思います。

貧血と低血圧の症状

貧血と低血圧は異なる病名ですが、症状は似通っています!

どちらも身体の血液に関する病気で症状もめまいや立ちくらみ、体のだるさといったものです。

これは身体の中にある酸素を運ぶ赤血球が少なくなってしまうことで、身体に酸素を送れなくなってしまい症状となって表れてくるのです。

ただ、、、

この血液の状態の違いが貧血と低血圧の違いでもあるのです!

貧血と低血圧の違い

貧血と低血圧は症状はほとんど同じですが、血液の状態に違いがあります!

貧血の場合は、材料となる鉄分の不足から赤血球をつくることができず、血液中の赤血球の数が減ってしまいます。

一方低血圧は、血液の圧力が小さくなることによって身体全体に送ることができる酸素量が減ってしまうことを言います。

症状が似通ってはいますが、この違いが貧血と低血圧を分けているのです。

貧血と低血圧を見極める方法

この二つの病気を見極めるためには、自分の生活習慣を振り返ることが大切です。

「昨日食べ過ぎたから今日はちょっとセーブしなきゃ♪」
「昨日我慢したから今日は食べていいよね♪」

・・・・・・・・決してウェイトコントロールという意味ではなくて、、、笑”

食生活について一度見直す必要があります!
特に貧血気味の人に多いこととして、食生活の乱れがあるのです。

普段からダイエットをしていたり、インスタント食品など偏食をしていたりする人は鉄分が不足しやすいため貧血になりやすいのです。

なので、食生活が乱れていると思ったら症状が出た時は貧血を疑い、鉄分を摂れるように食事を見直すことをオススメします♪

食生活は意識しているのにめまいや身体のだるさがあるという人は低血圧をまず疑いましょう!

低血圧の人は身体の血液を送り出すポンプの役割が弱まっているため、まずは睡眠を十分にとったり食生活を正したり生活習慣を規則正しく♪

これである程度の症状は軽減できますが、それでも症状が収まらないという人は一度病院を受診することをオススメします^^;

-貧血について

Copyright© 中身が決め手!貧血を鉄分サプリで治すという賢い選択! , 2017 AllRights Reserved.